年金制度変更により長く働きやすく 年金受給繰り下げ75歳、在職老齢年金の変更

年金

2020年に成立した年金制度の改正法案は多くが2022年4月から施行されます。

人生100年時代と叫ばれて久しいですが、遅れていた年金制度の変更もようやく60歳以降にも働く現役世代を応援する形になるように設計されています。

年金制度の変更は私たちの生活に大きく影響することから改正のポイントを押さえておきましょう!

年金受給の「繰り下げ」が75歳まで可能となりました

まずは現行制度を確認!

現行の制度では年金の受給開始年齢は「繰り上げ」や「繰り下げ」受給をしない限り、原則として65歳からとなっています。

「繰り上げ」「繰り下げ」を希望すれば、受給金額は変動するものの、60~70歳の好きな時期から受け取り始めることができます。

「繰り上げ受給」 = 65歳よりも先に年金を受給できる制度です。 繰り上げ期間が1か月につき0.5%の年金が減額されるため、最大で0.5%×12ヵ月×5年 = 30%の年金額が減少します。

「繰り下げ受給」 = 66歳以降に受給を遅らせて受給する制度です。繰り下げ期間が1か月に付き0.7%の年金が増額されるため、最大で0.7%×12ヵ月×5年 = 42%の年金額が増加します。

私は「繰り上げ受給」は年金額が大幅に減ってしまい、一度受給を開始すると撤回できないため繰り上げ受給はお勧めしていません。

一方で65歳以降でもお仕事をされていて生活にゆとりがある場合は、厚生年金加入者であれば、1階部分のみ65歳で受給開始し、2階部分は「繰り上げ」して将来の受給額を増やすこともできます。

変更される制度を確認!

今回の制度改正でこの「繰り下げ」の上限年齢が70歳から75歳に引き上げられます。

これまでは65歳から70歳までの5年間の繰り上げで最大42%の増額でしたが、75歳までの繰り上げで0.7%×12ヵ月×10年 = 84%の増額となります。

増額と言っても月々の支給額が増額となるのですが、75歳から受給開始するため自分が死亡するまでの期間は短くなるため受給期間は短くなります。

やはり、定年退職をしても独自で稼げるスキルがあるとこの無年金期間を乗り越えることができるため、日ごろからスキルアップを意識的に行うことが必要ですね。

受給を繰り下げした場合はの年金の受取総額では75歳まで繰り下げをした場合、

65歳開始を上回るのだいたい87歳

70歳開始を上回るのは92歳程度となります。

92歳まで生きられるかわからない!と思う方も多いと思いますのでまずは平均年齢が長くなる女性が本制度を活用を検討してみるのも手かと思います。

個人的には今後、さらに平均寿命が伸びることが予想できるので無年金時代をやりくりできるのであれば、夫婦で相談してどちらかの年金を繰り下げる繰り下げるなどの検討をしてみてもよいのではないかと思います。

また、「繰り上げ」は1カ月0.5%の減額率が0.4%となり減額幅が小さくなります。

こちらは「繰り上げ」をする場合にはメリットがありますが、平均寿命が今後も伸びると予想しているのでできる限り「繰り上げ」をしない選択肢を用意することが重要です。

働き続けた場合の年金減少額が縮小されます

さらに、在職老齢年金制度が見直されます。

在職老齢年金制度とは、一定以上の賃金を得ている厚生年金受給者の年金支給を停止する制度で、60~64歳の支給停止基準額(賃金と年金月額の合計)を現在の28万円から47万円に引き上げられます

現在の28万円の場合はフルタイムで働いていると、ほぼ全額の年金が停止されることになっていたため年金が減額される人が減るため長く働くことができます。

実際に私の職場では再任用で年収500万くらいの先輩がいますが現行制度のため年金支給額は「0」となり働く意欲が低下すると言っていましたので、働いても年金額の減少が減少しにくい制度設計が重要です。

制度変更に関する感想

人生100年時代と叫ばれる中、定年60歳は過去の遺物となり今後は65歳以降も働くことが当たり前の世の中になると思っています。

その中で、現行の在職老齢年金制度では長く働く意欲を欠如させていたので今回の制度変更は好感をもてますが、もっと早く実施すべきだったと思います。

また、「年金の繰り下げ」期間を75歳までとした変更も長く現役として働き、多くの年金を受け取ることができる制度なので働ける方は年齢を言い訳にせず、生涯現役くらいの意気込みで活躍していくことが重要です。

コメント