日産自動車の事業内容、業績、配当について

未分類

高配当銘柄として人気(だった)日産自動車について事業概要、業績、配当について見ていきましょう。

日産自動車概要

2019年3月期 業績

まずは、日産自動車の2019年3月期の業績はを簡単に振り返ります。

売上高 11兆5,742億円

当期純利益 3,191億円

販売台数 5,516千台 

一株利益 81.59円

一株配当 57.00円 配当性向 69%

となっています。

日産自動車の日本での立ち位置

11兆円規模の売上となり、日本企業の19年度の売上ランキングでは第7位に位置しています。

自動車業界ではトヨタ自動車、本田技研工業に次ぐ第3位です。

順位会社名19年度売上高業種
1トヨタ自動車30兆2256億円自動車
2三菱商事16兆1037億円商社
3本田技研工業15兆8886億円自動車
4日本郵政12兆7749億円サービス
5NTT11兆8798億円通信
6伊藤忠商事11兆6004億円商社
7日産自動車11兆5742億円自動車
8JXTG11兆1296億円石油
9ソフトバンクグループ9兆6022億円通信
10日立製作所9兆4806億円電気機器
19年度 日系企業売上ランキング

日産自動車の世界での立ち位置

販売台数

売上高を世界の自動車メーカーと比較しランキングにすると世界10位に位置しています。

アライアンスを組んでいるルノーと三菱自動車の販売台数を合計すると年間1,000万台クラスの巨大連合となりVWやトヨタ自動車と肩を並べる規模となります。

売上高順位社名
1位VW
2位トヨタ自動車
3位ダイムラー
4位フォード・モーター
5位GM
6位本田技研工業
7位上海汽車
8位FCA
9位BMW
10位日産自動車
11位現代自動車
12位PSA
13位ルノー
14位起亜自動車
15位タタ・モーターズ
16位スズキ
17位マツダ
18位SUBARU
19位三菱自動車
20位テスラ
21位BYD

販売台数と市場占有率の推移

日産自動車の自動車販売台数は約550万台規模であり、世界の自動車市場における占有率は6.0%前後を推移しています。

日産自動車 IR資料より

地域別グローバル販売台数

日産自動車のグローバル販売台数の地域別割合を確認すると、日本は11%となっており約9割が海外向けであることが分かります。

特に中国、米国市場での販売台数の割合が大きくなっています。日産にとっては中国市場、米国市場が最も重要であることが分かります。

ルノー・日産自動車・三菱自動車連合において欧州はルノーアジア圏は三菱自動車というように役割分担となっています。

各地域での販売台数と市場占有率です。

中国、米国での販売台数が多いのですが、市場規模が大きいため市場占有率としては中国で5.9%、米国で8.4%となっています。

地域販売台数市場占有率
日本596,00011.30%
中国1,564,0005.90%
欧州536,0003.00%
米国1,444,0008.40%
IR資料より作成

日本での2018年売上TOP3

日産自動車の売れ筋自動車を見ていきましょう。

地域によって順位が異なるため日本でのTOP3をご紹介します。

1位 デイズ (軽自動車)

デイズ

2位 ノート (コンパクトカー)

ノート

3位 セレナ (ミニバン)

セレナ

その他、EVのリーフ、SUVのエクストレイルやジュークなどの売れ筋車種があります。

株主構成

発行済み株式の43.4%をルノーが所有しており日産自動車の筆頭株主となっています。

参考情報ですが、日産自動車は三菱自動車の34.03%の株式を保有しており三菱自動車の筆頭株主でもあります。

2020 年3月期通期連結業績予想の修正

業績見通しの修正

新型コロナの影響もあり2020年3月期の連結業績予想の下方修正が発表されました。

見通しの修正は2020年に入ってから2度発表されています。

2月13日の1度目の修正では期末が無配となってものの、黒字の見通しでしたが、4月28日の修正で通期での赤字見通しとなりました。

売上高 (当初)10兆6,000億円 ⇒ (前回 ) 10兆2,000億円 ⇒(最新)不明

連結営業利益 (当初)1,500億円 ⇒ (前回)850億円(最新)▲450億円

連結純利益 (当初)1,100億円 ⇒ (前回)650億円 ⇒ (最新)▲750億円

 当初見通し
(2019年度第2四半期)
前回見通し
2020年2月13日
最新見通し
2020年4月28日
2019年度
第2四半期見通しとの比較
売上高10兆6,000億円10兆2,000億円不明 
営業利益1,500億円850億円▲450億円1,950億円減
当期純利益 1,100億円650億円▲750億円1,850億円減
ニュースリリース資料より作成

2020年1月以降のグローバル販売台数

4月28日の修正で一気に赤字見通しとなってしまいました。

その理由を探るとやはり新型コロナの影響もありグローバルで販売台数が大幅に減少しています。

特に2月以降は販売台数の減少が顕著となっており、前年同月比で2月は▲24.2%、3月は▲42.6%となっています。

自動車メーカーは固定費の割合が高いため大幅な売上減少となると損益分岐点売上を割り込みやすく一気に業績悪化してしまう傾向があります。

グローバル販売1月2月3月
2020年368,336297,157315,194
前年同月比▲13.6%▲24.2%▲42.6%
月次販売実績より作成

配当予想修正

2020年3月期配当予想

2020年2月13日の業績下方修正と合わせて配当の修正も行われました。

(当初)期末配当 10円 ⇒ (修正後) 0円

第2四半期は10円だったため通期では1株当り10円となりそうです。

前期実績と比較すると▲47円と大幅減配となっています。

①第2四半期②期末③合計(①+②)
前期実績(2019年3月期)28.5円28.5円57円
最新予想10円(実績)0円(予想)10円(前期に対し▲47円)
2020年2月13日付 IR資料より作成

年度別配当推移

今回の減配により19年度の配当は10円となってしまいそうですが、2007年からの配当額の推移を確認するとリーマンショック後は大幅に減配し2009年度は無配だった実績があります。

2020年度の配当もコロナの影響が長引く場合は無配を想定する必要があるかと思います。

まとめ

高配当銘柄として超有名でしたが、個人的には危険な高配当銘柄として購入を避けていました。

しばらくは業績回復が見込めないと思うので2020年度は無配を予想します。

業績の回復目途が付くまでは手を出しにくい銘柄だと思います。

コメント